English
Atom Login Admin

Seeds of mention

Flaskを使ったアプリケーションのSite verificationについて

lakshmi@cloudysunny14.org
mentioned on Sunday,January 27,2013

今回はFlaskを使ったアプリケーションのSite verificationについて紹介する。まず、SEOを実践するにあたって、Web Master Toolは必須とも言える。
その際に、必要になるのがGoogle アカウントなので、無い場合は予め用意しておこう。
そして、Web Master Toolへログインすると下記のような画面が見当たるはずだ。

Webmaster tools register site

サイトを登録するとそのサイトの所有者の確認が行われる。
確認方法は2つあり、一つはmetaタグによって認証が行われるのと、もう一方はHTMLファイルを使用したものだ。
今回はHTMLファイルでの認証を想定している。

Flaskでアプリケーションを作る場合は以下のようにルーティングする。

  • app.py
from flask import Flask
from werkzeug.routing import BaseConverter

app = Flask(__name__)

class RegexConverter(BaseConverter):
  def __init__(self, url_map, *items):
    super(RegexConverter, self).__init__(url_map)
    if len(items)>0:
      self.regex = items[0]

app.url_map.converters['regex'] = RegexConverter

@app.route("/<regex([a-z0-9]+):verification_str>")
def site_verification(verification_str):
  """Returns site verification content"""
  return render_template("site_verification.html",
      verification_str=verification_str)
  • site_verification.html
google-site-verification: {{ verification_str }}

これで認証が通れば、めでたくWeb Master Toolの管理画面で自分のサイトがチェックできるようになる。

Comments

Add Comment

Login
This entry was tagged #Flask #SEO